草木が少ない都心部のヒートアイランド現象

草木が少ない都心部では舗装された道路やコンクリート建物、自動車などに熱がこもってしまい、その熱が放出させることにより気温がより一層高くなってしまう現象がヒートアイランドと言われています。

特に東京や大阪等の大都市では1、2度程度高くなっているということで、夜から明け方には3度以上も気温が上がっていることがあると発表されており、明け方に異常に暑くて目が覚めてしまうことがよくあるのですが、もしかしたらこのような現象が起こっているのかもしれません。

このことから夜間でも熱中症の恐れがあるので注意を呼びかけられていますが、見ていて暑い時に時々筋肉痛を感じて体動きづらくなる時があるのですが、このような場合に水を飲むとしばらくしてから筋肉痛が収まっていることから、もしかしたら熱中症の症状の一つかもしれません。

寝ている際にも風通しを良くしておいて気が付いた時にこまめに水を飲むようにして少しでも熱中症にならないように心がけています。